あのアマゾンも創業当時は無名だった

ネットを使ってお金に関係する事をしていれば、それらは全てネットビジネスだと言えるでしょう。ハッキリとした枠みたいなものがある訳ではないと思います。老舗の料亭がサイトを運営していて、それを見てお客さんがお店にやって来ているのだとすれば、それもネットビジネスなのです。

その様なネットを活用した商売の中で、最も知られているのはアマゾンではないでしょうか。本を中心に、その他にも様々な物を販売している所です。実はこのサイトは誕生した当時は殆ど注目されていなかったそうです。どうせ売れる訳が無い、という感覚で受け止められていたのです。

しかし、結果は御覧の通り。今や知らぬ人はいない程の大企業へと成長するに至りました。これと同じ様なビジネスをしているサイトも複数ありますが、どういう訳か有名になったのはこの会社でした。当時、売れないであろうと予想していた専門家の人達も今では考え方が変わってしまった事でしょう。

アマゾンとしては嬉しい結果ですが、町の本屋さんにとっては厳しくなってしまいました。本を購入する層とネットを利用する層はある程度重なっているかと思います。自分から積極的に情報を入手するという意識が強いからです。自宅に居る状態で本が届けられるという利便性に気がつかないはずも無く、現在の様な状況になって行ったという訳です。

これから同様のネットビジネスを始めても成功の確率は高くはないはずです。既にこれだけの規模になってしまうと、そこからの逆転は正直言って厳しいでしょう。ただ、新しい仕事を始める事自体を諦める必要はありません。ほんの少し工夫すればいかようにでも仕事は作り出せるものだからです。大企業が圧倒的な物量で勝負するのなら、私達は彼らが見向きもしないマニアックな商品だけを扱えば良いのです。アマゾンには絶対に置いていないであろう商品を揃えるという意味です。やるべき事が分かったら、後はそれを実現させるだけです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ